• ホーム
  • シミにはいくつかの種類がある

シミにはいくつかの種類がある

2019年08月25日
スキンケアをしている女性

肌トラブルの中でも年齢を重ねると出てくるのがシミです。
シミは皮膚が変色することで起こるものですが、それにもいくつかの種類があります。

シミの中でも多いのは日光黒子と呼ばれるもので紫外線を浴びることによって起こるものです。
すぐにあらわれるものではなく年齢を重ねると出てくるため、老人性色素斑とも呼ばれます。
あらわれる場所は紫外線を浴びた場所で、特に顔のほか肌を露出しやすい背中や腕などです。
また、遺伝によってもおこり、そばかすもシミの一種になります。
特にそばかすが目立つのは思春期であり、ホルモンバランスの乱れによって起こるもので、大人になれば目立たなくなります。
細かいシミが頬や鼻の周りに出てくるものは、雀卵斑とも呼ばれるものです。
そばかすは遺伝の影響が強く出るものですが、ホルモンバランスの乱れで起こるものとしては肝斑があります。

肝斑もホルモンバランスの変化によって起こるもので、頬骨にそって左右対称に出てくるのが特徴です。
主に30代から40代の中年期に見られるもので高齢になると消えます。ただし紫外線やレーザー治療などを行うと悪化すると言われています。
また、これら体質的に起こるもののほかにも、やけどやニキビ、化粧品などを使用してかぶれてしまった場合にもシミが残ることがあります。
これらは炎症による色素沈着が原因で引き起こされるものです。体質的なものではないため、時間が経過すれば改善されることが多いものです。

いずれの場合にしても理由があってシミができるもので、その理由が皮膚を守るための生理現象になります。
皮膚そのものは薄いものですが、身体を有害な物質から守っている大切な存在です。
シミができるのは皮膚でも表層部分で、紫外線など有害なものによりダメージを受けないように、色素細胞とも呼ばれるメラノサイトからメラニンを生成して色を黒くすることで身体を守ります。
通常、このメラニンは時間が経てば分解されて身体に吸収されますが、加齢によって新陳代謝が悪化するといつまでも残ることになるものです。
またホルモンバランスの影響を受けても発生するため、思春期や大人になってもストレスや食生活によってあらわれやすくなります。

いくつかの種類があるシミですが、原因は紫外線とホルモンバランスであるため改善する方法としては、紫外線対策をしっかりと行い健康的な生活をすることでしょう。
また化粧品にもメラニンの分解を促進する成分を含んだものもあり、それらは美白化粧品として販売されています。
肌にできたシミを簡単に消す方法というのはなかなかありませんが、日々の努力で地道に消していくようにしましょう。

関連記事
50代になっても気になるニキビとシミ

ニキビやシワというものは、ホルモンや紫外線によって起こるのがほとんどのケースです。特にシミに関しては年齢を重ねると出てくるものであるため加齢の証拠ともいえます。ニキビは高齢になると出にくくなりますが、現代では昔の50代と比べて肌の状態が若々しく50代になっても出てくることがあるものです。いずれにして

2019年09月13日
トレチノインでシミやニキビを解消

美容皮膚科などで行われるシミなどの色素沈着を改善するための方法として、よく用いられるようになっているのが医薬品を使った方法です。以前はそれほど効果的な薬はなくあくまでも新陳代謝を高めることによって改善したり外科的処置で取り除くというものが中心でした。効果も薄くリスクも高いもので、治療と呼べるものでは

2019年10月16日
エステと美容皮膚科、似ているようで違う

美容を目的に訪れる場所としてはエステティックサロンのほか美容皮膚科などの美容クリニックがあります。目的は肌をきれいにすることですが、行われることは異なるものです。エステティックサロンで行えることは、肌のコンディションを整えるための手技であり、治療ではありません。対して美容皮膚科は医療の観点から肌の状

2019年09月29日
ニキビが出てきてすぐつぶすのはよくない

肌トラブルとして多いのがニキビです。ニキビそのものは、もともとは思春期に顔にあらわれるものを指している言葉で、それ以外の場所や年代にあらわれるものは、吹き出物とも呼ばれています。いずれにしてもニキビそのものは毛穴に皮脂が溜まり、それが原因によって細菌が繁殖し、炎症や化膿を引き起こす症状を指します。た

2019年08月07日
美容皮膚科で行っている治療法

肌のコンディションを整えてくれる場所として広く知られているのはエステティックのほか、美容皮膚科があります。美容皮膚科とは、医療の面から肌のコンディションを整えたり肌トラブルを解決することができるところです。また肌の問題を治療するだけでなく美容を整えるという意味でもメリットがあります。美容皮膚科であれ

2019年07月28日