• ホーム
  • エステと美容皮膚科、似ているようで違う

エステと美容皮膚科、似ているようで違う

2019年09月29日
肌の問題を心配している女性

美容を目的に訪れる場所としてはエステティックサロンのほか美容皮膚科などの美容クリニックがあります。目的は肌をきれいにすることですが、行われることは異なるものです。エステティックサロンで行えることは、肌のコンディションを整えるための手技であり、治療ではありません。対して美容皮膚科は医療の観点から肌の状態を改善させます。またこれらはイメージとして一括りにされがちですが、エステティックサロンにも美容皮膚科にも得意とする分野とそうでない分野があることに留意することが大切です。このため自身の目的に応じて選ぶことが大切です。

エステティックサロンの場合には、主にフェイシャルを中心に行うもので、顔を中心に行います。全身を行うこともありますが、施術としてはスキンケアであり美肌成分の含んだ化粧品を用いてマッサージを行います。顔の場合にはフェイシャルエステと呼ばれ、全身ではボディケアです。また美肌のために脱毛を行うこともあり、脱毛を専門にするところも多くあります。基本的にはエステティシャンの手技によって行うものですが、近年は効果的に行える機材を用いて行われることもあります。あくまでも医療ではなくケアが中心です。

一方で美容皮膚科はクリニックであるため、医療からアプローチすることになりますが、美容整形などを行っている美容クリニックと異なり、ここでは外科的処置はあまり行わず内科的処置で対処する傾向にあります。また美容整形クリニックが美容皮膚科を標榜しているほかにも、通常の皮膚科が美容皮膚科を標榜しており、それらによって内容が異なるものです。ただいずれも治療は医者が行いますから医薬品や医療機器を使って効果的に問題を解決することが出来ますが、問題を解決することが中心で、その後のスキンケアは行われません。マッサージによる手技ではなく医薬品や医療機器を用いて行うものですから、費用も高くなります。

このようなことから、エステサロンは美肌を保つための施術を行うところであり、美容皮膚科では肌のトラブルを解決し美肌に出来るように医者が医薬品や医療機器を使って治療する場所になります。アンチエイジングをして継続的な効果を得たい場合にはエステサロンの方がメリットがありますが、より効果的に行いたい場合には美容皮膚科で治療を受けるのがメリットがあるものです。またエステサロンでも美容皮膚科と提携しているところを利用すれば、アンチエイジングを医療と手技の両方からアプローチすることができます。

関連記事
シミにはいくつかの種類がある

肌トラブルの中でも年齢を重ねると出てくるのがシミです。シミは皮膚が変色することで起こるものですが、それにもいくつかの種類があります。シミの中でも多いのは日光黒子と呼ばれるもので紫外線を浴びることによって起こるものです。すぐにあらわれるものではなく年齢を重ねると出てくるため、老人性色素斑とも呼ばれます

2019年08月25日
50代になっても気になるニキビとシミ

ニキビやシワというものは、ホルモンや紫外線によって起こるのがほとんどのケースです。特にシミに関しては年齢を重ねると出てくるものであるため加齢の証拠ともいえます。ニキビは高齢になると出にくくなりますが、現代では昔の50代と比べて肌の状態が若々しく50代になっても出てくることがあるものです。いずれにして

2019年09月13日
トレチノインでシミやニキビを解消

美容皮膚科などで行われるシミなどの色素沈着を改善するための方法として、よく用いられるようになっているのが医薬品を使った方法です。以前はそれほど効果的な薬はなくあくまでも新陳代謝を高めることによって改善したり外科的処置で取り除くというものが中心でした。効果も薄くリスクも高いもので、治療と呼べるものでは

2019年10月16日
ニキビが出てきてすぐつぶすのはよくない

肌トラブルとして多いのがニキビです。ニキビそのものは、もともとは思春期に顔にあらわれるものを指している言葉で、それ以外の場所や年代にあらわれるものは、吹き出物とも呼ばれています。いずれにしてもニキビそのものは毛穴に皮脂が溜まり、それが原因によって細菌が繁殖し、炎症や化膿を引き起こす症状を指します。た

2019年08月07日
美容皮膚科で行っている治療法

肌のコンディションを整えてくれる場所として広く知られているのはエステティックのほか、美容皮膚科があります。美容皮膚科とは、医療の面から肌のコンディションを整えたり肌トラブルを解決することができるところです。また肌の問題を治療するだけでなく美容を整えるという意味でもメリットがあります。美容皮膚科であれ

2019年07月28日